お釣り

今やショップや飲食店、コンビニエンスストアのほとんどで、レジを行ってからレシートをもらうことができます。
レシートは、ロール紙で作られており、その機関によって大きさや幅が若干異なっています。
最近では簡易な領収証にも使用されます。
感熱紙ですが、品質のよいものでしたら7年から10年くらいの長い間で保存することができます。
そのため、ショップなどでもらえるレシートだけでなく、銀行など金融機関が使用する振込票や、医療機関などが出す明細書や領収証にも使用されるなど使用分野が広がってきつつありあります。
このように、長期保存を必要とする場合においては、通常の感熱紙ではなく、特別に加工を施した良質な用紙が使用されます。

ロール紙の金額

レジスターのロール紙は、使用幅や保存の年限などにより、価格にもさまざまな種類があります。
汎用性のあるものでしたら、比較的安価で手に入れることができます。
メーカーによっても違いますので、サイズも汎用性のあるものであることも重要ですが、機械本体自体が汎用性のあるメーカーですと、比較的安い価格で手に入れることができます。
保存年限の高いものは、上質な用紙を使用していますので、値段が高くなる傾向にあります。
最近では、カラーバリエーションのあるものも増えてきており、それであると値段は高くなります。
激安のものでしたら、一巻80円を切るものもあり、大量購入すれば安く買えるインターネットサイトも出現してきています。

歴史や変遷について

明治時代、日本で初めてレジスターが導入されました。
最初は、金額や品物を打つだけで今のようにレシートをお客様に渡すということは考えられていませんでした。
大正時代には、初めてお客様にレシートを渡すことのできる機種が導入されたとされています。
昭和54年にはJANコードが開発され次第に普及し、さまざまな情報を入力することができるようになりました。
現在では簡易な領収書の意味を持つもの、すなわちレシート以外に領収書を発行しないような業者も増えてきつつあり、大きな意味合いが持たれています。
さらには、レシートには購買情報だけでなく割引券なども印字できたりして、その役割は多様化しています。
ロール紙は消耗品として様々な場所で購入もできます。

オススメリンク

シャープペン

事業者や専門家など

レジにかかわる消耗品を扱っているのは、オフィスサプライ用品の…Read more
マジック

現在の取り組みやトレンド

小売店や飲食店において、レジの設置は必須です。それにかかわる…Read more

関連リンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年1月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031